FC2ブログ

第二回 最終話



さて、再度ケロロのふる番がやってきた。
既に、個人的な目的となっている「与楽」は売り切れているだろう。時計を見れば、もう3時30分であった。
何が出ても、身体の芯の方が疲れている為、しょんぼりしそうな気配。
そうは言っても、振るしかない!
場所決めの第一投は



与楽がある所を引き当て、顔が引きつりつつ第二投



銀・錦市場 京都市営地下鉄 四条駅下車で徒歩3分

ある意味今回の旅で一番の謎の場所。
TT曰く、美味しい玉子焼きが売っているとの事。
まずい玉子焼きがあったら拝みたいわ!と卵焼きの達人らしい考えも浮かびつつ、駐車。
人ごみの中を掻き分けて、滅茶苦茶美味しそうな鯖を横目に到着したのは、お肉屋さんみたいなカウンターの卵屋さん。
しかも、二軒がものっそい近くに並んでいる。
「ナニコレ・・・どっちよ?どっち?」
「どっちも変わらんだろ」
という、何もかももう滅茶苦茶な、それなら、お近くのコンビニで卵買えばいいじゃん!的な発言も飛び出し、とりあえず行動を選択。

黄>ピ

で、しまーの選んだものを全員で食べる、という事になり、でかい、やたらでかい出汁巻き卵を購入。
車内でバクバク食べる事になった。
個人的な意見になるが、今回の旅で一番美味しかったのがコレという、お前もう家で卵焼いて食って寝ろ!な感想も飛び出すほど美味しかった。

時間的にもう、五時を周り、太陽も我々を見捨て始めた頃、これが最後だろうなぁと思いながら、しまーの投球を見守る。

第一投



たこ焼きがある。
コース料理を一日で堪能したとして、お土産なりなんなりに最適ではないか。我々のお腹もちょうど満腹に近づいてきている事だし、金平糖とたこ焼きで、家に帰ってお風呂入って、充実した一日になる。食べ過ぎる事もないし。

第二投

銀・中国料理 白楽天 京都駅前新阪急ホテル地下
シマーの弟の勤めているお店。

Mr弟思い、友達嫌いの出した目がコレである。
割と高級な中華。
「単品で少しづつとかしか頼めないなら、恥ずかしいし、迷惑かかるから予約できんぞ」と、ルール無用の我侭が(正論だが)又も我々に発せられ、もう王の発言に慣れっこの我々は、「コースでいいから予約しろよ、とっとと」と売り言葉&買い言葉で戦ってしまった。
彼が予約を入れた直後、残りの人間が気づいた。

「行動決めてねーじゃん!!!(;´Д`)」

自分で掘った落とし穴に誰かが嵌る瞬間を思い描いて、落とし穴をほり続け、マントル核まで行って焼け死ぬ、そういう行動がすっかりお馴染みのしまーが振った行動の目は

青>緑

全員食べられない

誰もが車内で目をふせ、見なかった事にし、高級中華を食べに行った。
コースの他にしまーの弟さんのご好意で出していただいたものなども色々食べ、ほとんどの内容をしまーに任せたにも関わらず、満腹を超えた満腹、満腹2で出てきた我々は、既に真っ暗な空を見上げながら、最後の一投をふるTTを見守った。



第二投はみっきー



晦庵河道屋 京都市中京区麩屋町通三条上ル 午前11時~午後8時


京そばのお店である。

ケロロは勢いよく、満面の笑顔で車を発射させた。
我が家のある、高槻に向って

第二回 第四話


TTの笑顔で振った目に、我々は凍りついた。



キタ。

夜鳴き屋

なのだ。
駐車場が四台分程度しかなく、カウンターのあのラーメン屋。もう一度行くのである。
「物凄く美味しくて、気に入ったんですよ」
と笑顔で入るには、小一時間後の同じ味(他の味がねえ)しょうゆラーメンは、塩分がきつすぎる。
ブロッケンjr並に、ラーメンに対するトラウマが生まれ、お前の親父、キャップにドクロ付いてたか?という疑問まで生まれる始末。
落胆する車内で、TTが言った。
「駐車場狭いし、ここで行動振る?」
ケロロ「馬鹿言うな、行くのは行くぞ。ルールだし」
結果、駐車場がいっぱいだった為、近くのコンビニに停車、振る事になった。

地球生誕以来、全ての生命体の魂が見守る中、TTが行動を決めるという最悪の状況。
だが、奇跡が起きた。
出た目は



一回目・銀が出た場合

赤・ピンク・青・全員食べられる
緑・銀・黄色・全員食べられない

完全に二択。
大学入試で採用されたなら、日本の将来が危ぶまれる程度の難易度になる。
そして、第二投。

出た目は



全員食べられない

今回の企画は失敗だ、つまらない。
そう思わざるを得ない出目だったが、車内に湧き上がったシュプレヒコールの中、企画者であるけろろ自身、ホっとしていた。

そのまま、ミッキーが初の場所決め。

第一投



与楽(いちご大福)が入っている。時間的にはあそこはすぐ売り切れるそうなので、ラストチャンス。
出ろ!出るんだ!そう祈るけろろの思いも虚しく、出た目は



赤・茶寮 都路里 京都市東山区祇園町南側573-3

駅前のど真ん中に抹茶パフェを食いに、男四人が旅立つ事になった。新撰組がいたなら、確実にしとめに来るはずである。

道が碁盤の目の為一通が多く、走りにくいわけではないものの、順調とは言えないスピードで到着したアーケード街。だが、駐車場までかなりある。
気温、30度近い晴天の中、てけてけ歩いてやっと到着した店の前には、ガンダーラ16僧以上のスケールの行列が出来ていた。ほぼ、カップルの。
「いやぁ。こういうのは並んでこそですよね」
と能天気な方(みっきーさん)が雰囲気を良くした所で、並ぼうとした為、三人から待て!との合図。

そう、食えるわけではないのだ。行動を決めなければね。
そして、読まれている方は分かっているだろう。
ディズニーランドで踊り狂っているキャラのハンドルネームを持つ彼以外、誰一人として、並んでまで食いたいなどとは思っていなかったのだ。

しかも、中にいるシマーという彼。彼には恐るべき能力が備わっている。
昔、我々数人で車で雨の中を走っていた時、高校生くらいのカップルが、男の子が前、女の子が後ろにかさを持って立って、二人乗りで自転車に乗って走っていて、それを目にするや否や、「こけろ!こけろ!」と念仏でも唱える様にシマーがつぶやきだした。
何を気持ち悪い事やっとんだ・・・と思っていると、そのカップル、見事な程に転倒・・・・・・。その時、喝采をあげている、彼を見て、スタンド能力の存在を信じてしまったものなのだ。荒木先生、さすがです。

つまり、みっきーが嬉しそうに抹茶抹茶食べられる食べられると言いながら振っている今、出る目はもう決まっていたのだ。

第一投



第二投



一回目・銀が出た場合

赤・ピンク・青・全員食べられる
緑・銀・黄色・全員食べられない


ありがとう、ディアーボ・シマー。
我々は、カップル祭りの開催所を後に、車へとまた、遠路歩いた。

第二回 第三話


シマーの第一投。出た目は



もうラーメンを食べてしまった為、デザートで帰宅で結構。そんな気持ちで見守った第二投は



緑寿庵清水

金平糖のお店である。第一回の時に行きそびれていて、何だか知らないが行きたがるTTは大喜び。
金平糖といえば、戦中戦後の記憶が蘇るばかりの他の人々は何やら、喜んでいいのやら悪いのやら、微妙な空気のまま、現地へ。
京都大学の真横に位置しているため、駐車スペースがまたもや無く、仕方なく二人づつ買いに行く事に。
その前に一応、行動ダイスを振る。
前の店に戻る、さえ出なければ、食べられなくてもお土産屋なので、あまり変わらない中、出た目は



全員食べられない

とりあえず、持ち帰り、という事でお土産として買い、味わうのはまた後日で、ということになった。

車に戻り、次の目的地を選択。
過去、潰れている店を気まぐれに出してみたTTが意気揚々と振った処、出た目は

ピンク

私の仕事館か?普通の観光旅行になりそうだな~と油断していた。しかし、われわれは忘れていたのだ。
普段しっかりしている彼が、この旅に出た途端、トラブルメーカーになってしまう、という事を。

きなな出して!きなな!と和菓子を食べたくなっているけろろの声もむなしく、モストデンジャラスコンビ一号が出した目は



だった・・・・・・。

第二回 第二話


今回は大したアクシデントも無く、集合する事が出来た。王である、シマーさんは迎えに行った為、集合、という訳ではないが、休日に身体を動かしたくない病の彼にとっては、拉致、と言っても過言ではないので、仕方のない処。

第一投はけろろから。
まずは場所決め。
当然、彼の狙うは神のいちご大福、与楽。それ以外はあり得ない。
願いヨ!天まで届け!と投げた一投目、



テンションが絶望的な程落ちるのを感じた。
記憶がもう曖昧ではあるものの、黄・私のしごと館は避けたい、と個人的に思った。
最初から、食べ物無い処に空腹で行った場合、何を見ても、あの歯科衛生士は食べられるのかな?程度の認識にしかならないのだから。

地獄に落ちろ!とたたきつけた第二投は



夜鳴き屋

である。みっきーの選択したラーメン屋ではあるが、彼の選択によって大学生の頃、愛媛などという死の国の果てに合宿で免許を取りに行き、男塾の合宿を見ても、なんとも思わないどころか、こんなの天国だろ!だって、周りほとんどが大きなホテルに泊まってるのに、わけわからんきっちゃないモーテルに三人ぶちこまれて、夜中に有線がなって、オバケ騒動になったり、クーラー付けてみたら、中から「風の谷のナウシカ」なら、大騒ぎになるほどのほこりと胞子が出て、のどの弱い人間から、夜中に外に出てゴホゴホやるような、そんな状態じゃないだろ?まだサバイバルって言われた方がマシなんだから、という歪んだ感想を持たざるを得ない、脳になったケロロには、なぜだろう、嫌な予感がしたのだ。

行ってみると、若干駐車スペースが狭く、道も狭量ではあるものの、普通のお店。

行動のキューブ振りをするには、狭く、また、待っているお客さんもいる為、迷惑がかかると考え、車内でふる事になった。

今回最初の行動を決めるケロロの第三投



一回目・黄が出た場合

赤・けろろの選んだものを全員食べる
ピ・しまーの選んだものを全員食べる
青・TTの選んだものを全員食べる
緑・みっきーの選んだものを全員食べる
銀・全員食べれない
黄・ジャンケンで勝った人が奢られる


個人的には、食べ物の嗜好の近い、シマーの選択ならば、まあ良かろうし、自分でもいい。銀はうざい。というか、出たとして、誘導までしてもらって駐車しているのにこれが出たら、確実に殺られる。注目の四投目



薄い・・・。しかも、結構人がいる場所での公開じゃんけん。
勝者TTも、ガッツポーズを取る事も出来ないまま、カウンターがほとんどの為、学生柔道部の集団の様にのそのそ入り、普通のラーメンを頼んだ。
普通に食べ、一生懸命車を出し、さっくりと出てきた。
量も普通なので、まだまだいけるね。
等と会話し、混んでる事だし、車出してから決めようか。
と、しばらく道を走ったところにあるコンビニで停車。

次の投手はシマー。
初参加となる今回、彼の投球フォーム、そして球種は?

第二回 第一話

仕事で割と忙しい為、特に書く事もないので、第二回「キューブの旅」を更新すんべかな~ほったらかしだし~という事にしました。
前回の旅で、どうやら神戸<>京都間を移動する場合、誰かが寝たりしたら運転手に殺意が沸く、という事もわかり、殺しに発展した場合、複数人が口裏をあわせれば、抹消も可能な為、危険と判断し、古い都、「京都」府限定、という事になりました。
京都府、といっても広いのですが、有名な店というのはやはり、市内に集中しているものだな~と思った旅でした。
では、早速、ルーリングです。

参加人数は四名。いわゆる、死の数です。
企画立案実行運転などこなした、私けろろ。今回完全にダメ人間としての才能を発揮したTT。マイミクにも存在している、野球狂であり、今回、糖尿病患者の疑いを持たれたミッキー。そして、通称アバドン(の食欲)、シマーの四人です。四人目は食べまくるこの旅では、非常に頼もしい仲間なので、お残しはないな、と安心している次第。

具体的な取り決めは、一回目とほぼ同じなので、そちらを見ていただくとして。スタート地点も当然同じです。

そして、それぞれ、目的地をキューブの出目に振り分けます。
第二回目は、前回を凌ぐ全18箇所。
キューブの出目は、赤・ピンク・青・緑・銀・黄の六つ

一回目<赤・ピンク>が出た場合

赤・祇園きなな 京都市東山区祇園町南側570-119 11:00~19:00(L.O18:30) 不定休
和菓子屋さん・・・ですが、通販やってるよ!?コレ

ピンク・泉門天 京都市東山区花見小路新橋下ル東側「竹会館」1F PM6:00~AM2:00  金・土・祝前日/AM3:00まで
一口餃子のお店。

青・夜鳴き屋 山科区大塚南溝町36
しょうゆラーメンのお店。毎日でも食べられると書いてあります。

緑・梅香堂 京都市東山区今熊野宝蔵町6 10:30~18:00 火曜定休
小倉抹茶パフェで有名な店。

銀・中国料理 白楽天 京都駅前新阪急ホテル地下
シマーの弟の勤めているお店。

黄・私のしごと館 京都府相楽郡精華町精華台7丁目5-1
 9:30~17:00
今後のこの企画を根底から破壊しかねないインパクトを持った、既に食べ物目的の場所ですら無い名所。今日来ている四人はみんな仕事をしているのに、ミッキーは誰の為にこれを選択肢に入れたのか、気になる所でした。


一回目 緑・黄が出た場合

赤・茶寮 都路里 京都市東山区祇園町南側573-3
辻利本店ビル2F・3F 10:00~22:00
また、抹茶のお菓子屋。どうもおかしい。ミッキーさんは抹茶中毒なのかもしれない。

ピンク・与楽
一回目から再登場。今度こそ、けろろの念願は適うのか!?

青・茶洛 北区紫野東藤ノ森町10-1 11:00~売切れ次第終了
わらび餅しか売っていない、わらび餅専門店。チョコとかかかってたり、画像見るだけでおいしそう。後、抹茶とか・・・まっちゃ!?

緑・岸本柳蔵老舗 京都府京都市左京区鞍馬本町232 
世界一の松茸昆布があるらしい。農林水産大臣推薦。佃煮屋ですな。

銀・錦市場 京都市営地下鉄 四条駅下車で徒歩3分
市場。なんだっけかな・・・卵。ゆで?違う、だし巻だ。それで有名な卵屋がある処だそうで。

黄・ラーメンタンポポ 京都府京都市北区紫野西蓮台野町57 UKハイム1F 12:00~15:00、17:00~翌1:00 日曜定休
伊丹監督の映画に出てきたラーメン屋と同じ名前だから、美味しいかも知れないよ、と馬鹿(僕)が推したラーメン屋。あの映画好きなの。


一回目 銀・青が出た場合

赤・京みずは 京都府長岡京市うぐいす台1-3 
まさか、みっきどんがあれ程の量の甘味どころをピックアップしてくるとは思っていなかった僕が選んだ和菓子屋さん。通販もやっているよ。わらび餅でもなんでも、美味しいです。宣伝も巧い所だから、叩かれてそうだけど(;´Д`)

ピンク・蛸安 京都市左京区北大路白川上ル東側 夕方 5時から深夜1時
たこ焼き屋さん。たこ焼きならなんでも美味しいyo!

青・緑寿庵清水
一回目からリベンジ。金平糖の専門店。日本唯一。

緑・王将四条大宮一号店 阪急四条大宮駅出てすぐ フルタイム営業
われらが「キング・ジェネラル」日本、いや!世界に羽ばたくきゃつの栄光はここから始まった。

銀・晦庵河道屋 京都市中京区麩屋町通三条上ル 午前11時~午後8時
京そばのお店。

黄・新福菜館 京都市下京区高倉通り塩小路下ル 7:30~23:00 水曜定休
ラーメン屋。

18もの対戦相手の内、実に過半数が麺類・甘味処。医者が必要。脳関係の。



さて、到着後の行動も決めます。当然、36通りですが、人数が変わらなければ、以後もこれらの表を用いて行うでしょう。


一回目・赤が出た場合

赤・全員食べられる
ピ・全員食べられない
青・けろろは他の人に選んでもらう
緑・シマーは他の人に選んでもらう
銀・一つ前の店に戻る
黄・店員のお勧めをたのむ

一回目・ピンクが出た場合

赤・店員のお勧めを食べる
ピ・全員食べられる
青・全員食べられない
緑・TTは他の人に選んでもらう
銀・みっきーは他の人にえらんでもらう
黄・一つ前の店に戻る

一回目・青が出た場合

赤・全員食べられる
ピ・全員食べられない
青・全員食べられる
緑・全員食べられない
銀・全員同じものを頼む
黄・ひとつ前の店に戻る

一回目・緑が出た場合

赤・けろろの選んだものを全員食べる
ピ・しまーの選んだものを全員食べる
青・TTの選んだものを全員食べる
緑・みっきーの選んだ物を全員たべる
銀・全員食べられる
黄・全員食べられない

一回目・銀が出た場合

赤・ピンク・青・全員食べられる
緑・銀・黄色・全員食べられない

一回目・黄が出た場合

赤・けろろの選んだものを全員食べる
ピ・しまーの選んだものを全員食べる
青・TTの選んだものを全員食べる
緑・みっきーの選んだものを全員食べる
銀・全員食べれない
黄・ジャンケンで勝った人が奢られる


ルーリングは異常(以上)です。
明日は、いよいよ出発を書きますですよ~。
プロフィール

akichild

Author:akichild
ケロロはミクシィネームでした。
大阪で三猫と二児と嫁さんとクラス30だいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
rakuten
フリーエリア
google
いつものこんなの
adsense
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR